風のガーデンはフジテレビ開局50周年記念ドラマです。倉本聰の脚本はロケ地となる富良野の英国ガーデンなども話題ですが、なにより名優・緒形拳の遺作となりました。肝臓ガンと戦いながら緒形拳が演じた最後のドラマ。とても意味の深い作品になりそうです。


風のガーデンのあらすじや主題歌。

風のガーデンのあらすじは…まず、主人公と言えるのが腕もあって女性関係も派手な麻酔科医、白鳥貞美(中井貴一)。
末期ガンで余命わずかであることがわかり、絶縁状態の家族関係の再生を試みようとする話です。
家族と絶縁された理由は、彼の女性関係。
それが原因で、白鳥貞美(中井貴一)の母親は自ら命を絶っていたのです。
そして、その白鳥貞美(中井貴一)の父親の役・白鳥貞三を演じるのが、肝臓ガンによる肝臓破裂で急逝した緒形拳。
富良野で訪問医をしている設定です。
そして、可愛い孫たち(白鳥貞美の子供)とともに、妻の残したブリティッシュガーデンを育てています。

富良野の美しい自然を背景に、死と向かいあう人生が描かれており、倉本聰の脚本、そして緒形拳の遺作となった事実が、ドラマにさらに意味と重みを与えています。

気になる主題歌ですが、「Jupiter」で一世を風靡した平原綾香が歌っています。
曲目はこれもクラシックの名曲「ノクターン」。

……この記事の全文をみる







当サイトについて
【TVドラマトピック辞典】へようこそ
TVドラマの原作や出演俳優、視聴率や話題トピックなどを調べてまとめました。
コンテンツ一覧