風のガーデンはフジテレビ開局50周年記念ドラマです。倉本聰の脚本はロケ地となる富良野の英国ガーデンなども話題ですが、なにより名優・緒形拳の遺作となりました。肝臓ガンと戦いながら緒形拳が演じた最後のドラマ。とても意味の深い作品になりそうです。


緒形拳の遺作となったフジテレビの開局記念ドラマ「風のガーデン」

風のガーデンは、フジテレビが開局50周年記念ドラマとして制作した連続ドラマです。
木曜劇場として2008年10月から12月の放映になります。
脚本は「北の国から」で有名な倉本聰。
「北の国から」そして「優しい時間」と同じく、富良野が舞台になっており、「富良野三部作・最終章」として書かれた作品です。
実際に富良野の空気感を出すために、「北の国から」「優しい時間」同様、ロケ地は富良野。
しかも撮影を遡ること2年も前から、実際に富良野に広大な英国式庭園(ブリティッシュガーデン)を作り、さまざまな花々が咲き乱れるなかで撮影が行われました。

それだけでも十分な話題のテレビドラマなのですが、この風のガーデンの「ドラマとしての意味」を深くしたのが、緒形拳の突然の死でした。
最初、その死を報じるニュースでは「死因は不明」とありました。
それほど突然のできごとだったのです。
9月28日のクランクアップから1週間後の訃報。
やがて、長い期間、肝臓ガンと闘っていたことが判り、多くの人は「闘病中の演技や笑顔」を思い起こし、涙を新たにしたのでした。

……この記事の全文をみる







当サイトについて
【TVドラマトピック辞典】へようこそ
TVドラマの原作や出演俳優、視聴率や話題トピックなどを調べてまとめました。
コンテンツ一覧